自転車の防犯登録は義務化されています


防犯登録(ぼうはんとうろく)とは、

各都道府県の公安委員会が指定した団体が
自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律(外部リンク)
および自転車の防犯登録を行う者の指定に関する規則(平成六年六月六日国家公安委員会規則第十二号)

に基づいて行う自転車登録制度である。
1994年(平成6年)から自転車を利用する者に義務づけとなっております。


都道府県ごとに指定された団体は、主に自転車
の盗難防止を目的として登録を行います。

また、登録時に作成された登録カードの情報は、県警察に送られ、警察のコンピュータで管理されるとともに、制度の目的に運用されています。自転車を購入、譲渡、移動の際は、お住まいのエリア(都道府県)での登録が必要となります。

防犯登録のよくあるお問合せ

徳島県自転車組合発行 防犯登録証

徳島県自転車組合発行の防犯登録証は、以下の黄色のステッカーになります。


自転車防犯登録実施要領 抜粋

1 目的
自転車の盗難防止及び盗難被害にあった自転車の早期被害回復に寄与するため、自転車防犯登録について定めたものです。
2 登録に関する事項
○ 新規登録
・ 新たに自転車を購入等した場合
・ 未登録の自転車を登録する場合
○ 再登録
・ 登録自転車を他人から譲り受け登録する場合
・ 登録自転車を他人と交換して登録する場合
・ 登録済みの登録シールをき損し判読できない場合

⚪︎ 登録事項の変更
・ 親族間で譲渡したとき
・ 住所、氏名及び電話番号を変更したとき

3 登録抹消及び変更
⚪︎再登録及び登録抹消

・ 再登録の場合、再登録をする方が当該自転車の防犯登録の有無を確認し、
  登録が ある場合、前所有者の自転車防犯登録抹消届 (別記様式第6号) が必要です。

・ 抹消届がない場合、二重登録となりますので再登録は出来ません。
・ 前所有者が防犯登録カード第2票(別記様式第4号お客様用)を所有している場合は、

防犯登録所(自転車販売店等)に申し出てください。
・ 再登録をする方の住所及び氏名等が確認ができる運転免許証等の身分証明書を防
犯登録所(自転車販売店等)に提示してください。

 

○ 登録の変更

親族間の譲渡及び住所、氏名、電話番号を変更したときは、自転車防犯登録変更届 (別記様式第7号)を作成し、防犯登録所(自転車販売店等)に提出してください。

 

○ 自転車を廃棄処分する場合 所有者 (登録者) が自転車防犯登録抹消届を作成し、保管している防犯登録カード第2票(お客様用)を添えて防犯登録所 (自転車販売店等) に提出してください。


4 防犯登録カード作成上の留意事項
○ 住所は「丁目・字名、番地、アパート名等」、氏名は「正確に記載し必ずフリガナ」

を付けてください。 防犯登録カードの登録事項が読み取れない場合、調査に時間を要し登録に支障が出るため、正確な記載にご協力をお願いします。

 

○ 防犯登録カードは3枚複写式となっています。

防犯登録をした場合、防犯登録所(販売店等)から防犯登録カード第2票(お客様 用)が交付されます。

第2票は盗難をはじめ譲渡・抹消等の際、必要となりますので大切に保管しておい てください。

 

 

⬅︎ 登録後は防犯登録カード第2票(お客様用)
    お控えをお渡しいたします。

 大切に保管くださいませ。


5 身分証明書

身分証明書として使用するマイナンバーカードについて 登録抹消及び変更の際の身分証明書は、運転免許証やマイナンバーカード(個人番号カード)を取得している方は、同カードを身分証明書として使用することができます。
このカードを活用する場合は、カードと共に受領している専用カードケースに収納し
た状態で身分確認を行える表面だけを活用してください。 なお、活用に際しては、裏面データが漏洩しないよう適切な管理をお願いします。


抹消登録について補足

抹消登録について、手続きがスムーズに行われる為に以下の手順をオススメいたします。
※ 購入者(防犯登録の情報)の内容が異なりますと抹消出来ませんのでご注意ください。

 

1. 自転車を購入、防犯登録を行った際の購入者(住所、氏名、電話番号が必要)が行って下さい。

 

2. 購入したお店で抹消を依頼するのがスムーズです。それ以外のお店での抹消も可能ですが、

確認の時間を要してしまう場合がございます。予めご理解下さいませ。

ダウンロード
別記様式第6号(11関係)
自転車の抹消届けの際はこちらの様式に必要事項を記載の上、自転車店を通じて抹消届けをご提出ください。
別記様式第6号抹消届.pdf
PDFファイル 149.4 KB